社員紹介

 

総務:相庭 舞 (平成21年8月 入社)

相庭 舞

入社してから感じている当社の最大の魅力は、秋田にいながら最先端のファッションを知ることが出来ること。そして、これまで知り得なかった、こだわった洋服の物づくりを間近で見ることが出来ることです。
私は総務担当ですが、私の仕事は日本一の技術集団を目指して一丸となって頑張っている社員の働きやすい環境を守ってあげることです。それがお客様に喜んでいただける物作りをする基本と思うからです。

業務担当 リーダー:佐藤 圭 (平成18年8月 入社)

佐藤 圭

私が担当する業務部門では、受発注・外注・進度・納期の管理など様々な業務を分担し、コミュニケーションを計りながら日々の業務に励んでいます。
「次工程はお客様」という事を共有し、製造部門が作業しやすい管理を心掛けています。また、「MADE IN JAPAN」は世界に発信できる1つのアクションでもあります。当社の「ものづくり」に込める思いや誠意は、お客様が当社で加工された製品に袖を通した時に伝わる事を、私達は確信しています。

CAD担当:庄子 馨 (平成24年9月 入社)

庄子 馨

当社のスローガンはヒューマンファクトリーです。
私はこの言葉と考え方に惹かれました。実際、現場などで改善したい所を社員同士で話し合う会議が月一回あり、仕事の効率や品質向上を会社全体で取り組んでいます。私はパタンナーになるために、先輩方から日々学ぶことは多いのですが、メーカーの希望に添える製品や、現場の作業性を考えたパターンをおこせる様に早くなりたいと考えています。

サンプル工程:小野 千尋 (平成22年4月 入社)

小野 千尋

サンプル工程では量産工程と違い、一点を作る工程のため、毎日違うパーツや製品を作るため、先輩方に一つ一つ教わりながら、服作りを勉強中です。
そんな中、一つのパーツをきれいに作ることが出来た時や、製品が完成した時は嬉しくて、満足感があります。目標は早く着縫いが出来るようになることです。日々の積み重ねを大切にし、努力していきたいです。

メンズ工程(パーツ) サブリーダー 石田 亜衣(平成22年4月入社)

石田 亜衣

私はメンズ工程でパーツ部門の作業を担当しております。
縫製の要点は早く、丁寧に縫う事ですが、事前に企画書を確認し、パターン通りに仕上げる様に心掛けています。
細かい作業も多く大変ですが、その分やりがいも感じることが出来ます。製品を作るうえで、お客様に満足していただける服作りをモットーに頑張っています。

メンズ工程(組み合わせ) サブリーダー 真坂 美幸(平成20年6月入社)

真坂 美幸

私はメンズ工程で製品を縫い合わせて完成させる作業を担当しております。
数ミリのズレで仕上がりに大きく支障が出てしまうため、どの作業も細かい神経を使わなければならないとても大切な仕事です。きれいに仕上がり、縫い方を褒められると一歩成長したと実感でき、達成感を味わえるやりがいのある仕事です。まだまだ未熟ですが、早く着縫いができる様に、日々頑張っています。

レディース工程 サブリーダー:丸谷 なおみ (平成21年4月 入社)

丸谷なおみ

私はレディース工程でワンピース、コート、ジャケット等を作っています。
最近はデザインの凝った物や、ステッチやポケットの数が多いものなど、日々覚えることや学ぶことが多々あります。それ故に常に製品の事前確認をして、作業をするように気を付けています。先輩方の指導の下、サブリーダーとしての仕事も身につけ、もっと自分が出来る事を増やしていきたいです。